ラジオ波

ラジオ波の効果やエステでの副作用について書きます。

ラジオ波で内出血

 

ラジオ波で内出血することがあるようなので調べてみました。

 

いろいろな体験談や口コミを見ていると、確かに内出血をしたという人が何人かいます。

 

でも、内出血をしてもちゃんと痩身の効果が出たという口コミもあるのも事実です。

 

 

調べてみると、どうやらラジオ波が悪いのではなく、問題は施術後のリンパマッサージのようです。

 

マッサージが強すぎて内出血になっている場合が多く、とくに未熟なエステティシャンだとそうなる可能性が高いようです。

 

 

あまりにひどいようなら施術担当者に伝えて、場合によっては担当者を変えてもらってもいいかもしれません。

ラジオ波エステで顔におすすめなのは?

 

ラジオ波エステ、最近は身体の痩身以外にも顔の引き締めや小顔効果を狙ってサロンに通っている方もいます。

 

実際にハリや弾力が良くなった!という口コミを見ますが、これは事実だと思います。

 

というのも、ラジオ波によって顔の細胞が刺激されると、コラーゲンやヒアルロン酸の生成活動を促進することができるからです。

 

 

ただ、どうしても顔は特殊な部位になるので、どんな機器でも良いという訳ではありません。

 

今一番効果があると言われているのは「サーモシルエット」になります。

 

このサーモシルエットは小顔や若返りだけではなく、たるんだ顔の引き締めも得としていると言われています。

 

このサーモシルエットを実際に施術に使っているサロンとしては「Bloom」などは有名です。

 

体験コースもやっているので、顔の引き締めをしたい方は一コンタクトをしてみるといいかもしれませんね。

ラジオ波でリバウンドはするの?

 

 

ラジオ波とリバウンド。

 

 

ラジオ波でリバウンドはするのか。

 

私はどうしてもリバウンドをしたくなかったので、担当者の方に来てみたところ、「残念ながらリバウンドはします」とのことだった。

 

脂肪吸引の場合は脂肪細胞もまとめて除去するのでリバウンドしにくくなるそうだ(もちろんその分のリスクも高いが・・・)

 

だが、ラジオ波の場合は脂肪細胞をやっつけるのではなく、純粋に脂肪を熱で溶かしているだけなので、食生活が乱れれば再び太ることはあり得るとのことだ。

 

 

だが、うれしいことも聞いた。

 

ラジオ波でも続けることで脂肪細胞をやっつけることができるようになるらしい。

 

結局は続けることが大事なのだ。私はこのまま諦めないで続けていこうと思っている。

ラジオ波がセルライトに効果的な理由

 

 

ダイレクトに効く。

 

 

ラジオ波はもともと痩身のために受けることにした。

 

セルライトに効果があることなんてこれっぽちも知らなかった。

 

 

でもラジオ波の施術を受けるにつれて、ある日自分の太ももやお腹のセルライトが薄くなっていることに気が付いたのだ。

 

 

あれ?なんで?

 

 

理由はラジオ波にしかなかった。それ以外特別なことは何もしていなかった。

 

 

 

エステティシャンに聞いてみると、

 

「はい、セルライトにも効果がもちろんありますよ!」

 

とのことだった。

 

 

 

キャビテーションとの違いにもなるのだが、キャビテーションが脂肪を分解する効果があるのに対して、ラジオ波は固くなった脂肪(セルライト)を振動させて代謝を促す効果がある。

 

これによってセルライトが薄くなる仕組みだが、それだけではない。

 

 

ラジオ波はコラーゲンの生成を促す効果もあるので、お肌がピチピチに若返る効果もあるのだ。

 

 

痩身だけでなく、セルライト除去、さらには美肌効果もあるラジオ波が最近人気な理由がよくわかる。

 

エステのラジオ波の効果が出るまでにかかる時間は?

 

 

求める結果によって違う。

 

 

二年前、初めてラジオ波を受けた時、施術後にウエストを計測してみると2cmほど細くなっていて驚いた。

 

 

たった一回の施術でここまで細くなるなんて思っていなかったし、その効果に期待が膨らんでいった。

 

 

ただし、全身が痩せやすい体質になるのが最終的な目標だったので、ここまで持ってくるには一回の施術ではやはりだめで、最低でも5回~10回は施術を受ける必要があったのだ。

 

 

私は、正直10回も通うのが面倒くさくてつらいと最初は思ったが、でも通っているだけで毎回その部位が細くなるし、しかも体重もいつもと変わらない努力で痩せやすなってくるのでモチベーションは下がらなかった。

 

 

むしろ通えば通うほどモチベーションが上がってきて、家での食生活などもきちんとするという副産物もあったぐらいだ。回数を重ねると必ず効果が出てくるし、理想のボディに近づけてくれるのがラジオ波だろう。

ラジオ波 授乳中

 

焦ってはダメ。

 

 

産後三か月後くらいから一番痩せやすい時期が来るといわれている。

 

 

そのため。ラジオ波などの治療を焦って受けようとするお母さんが多い。

 

 

 

でも、これはぜひストップしてほしい。

 

2つの影響があるといわれているのだ。

 

 

 

まず一つ目は、お母さんの体への影響で、授乳中は女性ホルモンのバランスがかなり乱れていることがある。

 

 

そんな時に、ラジオ波の治療を受けたり、家でラジオ波の機械を使うと予期しなかったかゆみやかぶれが発生する可能性があるとのことだ。

 

 

 

さらにもう一つの影響としては、ラジオ波によって溶け出した脂肪がミルクの成分に何かしらの影響を与える可能性も否定できないのだ。

 

 

 

授乳中の母体と赤ちゃんは思ったよりもデリケート。 

 

早く痩せて元の体形に戻りたいと思う気持ちはわかるが、もう少し辛抱が必要だ。

 

ラジオ波を使っていい目安は産後一年半程度といわれているが、母乳をいつまで続けるかにもよるのでここは個人差がある。

 

 

つらいかもしれないが、ラジオ波はしばらくお休みにしておくことがベターだ。

 

 

授乳等が終わった後に思いっきりダイエットを頑張って元の体形に戻る女性もたくさんいるので、そこまで「今痩せないと」と焦る

ラジオ波 肌

 

お肌への効果はあります。

 

年齢とともに顔のたるみが気になっていて、このままではいけないと思い切ってラジオ波のフェイシャルを受けてきた。

顔のたるみが改善すると聞いていたので期待していたが・・・施術後の自分の顔を見てあまり効果を感じられなかった。

 

だが、3回目の施術の後に同じように鏡を見ると「あれ?」となった。明らかにあごのあたりがシャープになっていて、たるみが改善したように見える。

 

それだけではない。顔のハリが施術前と比較して明らかに良くなっていて、パン!っと張っている。指で押さえるとしっとりしたお肌の感触がして、血色もとても良い。

 

これがラジオ波の効果なのだろうか・・・さらに繰り返していくうちに顔のたるみがますます改善して、あのむくみ顔はどこへやら。

 

ラジオ波でフェイシャルの威力を知った。これからも続けていきたい。