ラジオ波

ラジオ波の効果やエステでの副作用について書きます。

ラジオ波 授乳中

 

焦ってはダメ。

 

 

産後三か月後くらいから一番痩せやすい時期が来るといわれている。

 

 

そのため。ラジオ波などの治療を焦って受けようとするお母さんが多い。

 

 

 

でも、これはぜひストップしてほしい。

 

2つの影響があるといわれているのだ。

 

 

 

まず一つ目は、お母さんの体への影響で、授乳中は女性ホルモンのバランスがかなり乱れていることがある。

 

 

そんな時に、ラジオ波の治療を受けたり、家でラジオ波の機械を使うと予期しなかったかゆみやかぶれが発生する可能性があるとのことだ。

 

 

 

さらにもう一つの影響としては、ラジオ波によって溶け出した脂肪がミルクの成分に何かしらの影響を与える可能性も否定できないのだ。

 

 

 

授乳中の母体と赤ちゃんは思ったよりもデリケート。 

 

早く痩せて元の体形に戻りたいと思う気持ちはわかるが、もう少し辛抱が必要だ。

 

ラジオ波を使っていい目安は産後一年半程度といわれているが、母乳をいつまで続けるかにもよるのでここは個人差がある。

 

 

つらいかもしれないが、ラジオ波はしばらくお休みにしておくことがベターだ。

 

 

授乳等が終わった後に思いっきりダイエットを頑張って元の体形に戻る女性もたくさんいるので、そこまで「今痩せないと」と焦る